MENU -研修メニュー-

現場のニーズに合わせた研修メニュー

参加体験型プログラムで実践力を養える

全ての研修では『講義+演習』を効果的に組み合わせ、体験しながら理解を深めます。
コミュニケーション・スキルは、頭の中で理解するだけでは実践できません。
見て聴いて感じて体感してこそ、身につけることができます。
数多くのコーチングの研修を講義してきた講師だからこそ、

・ポイントを押さえた講義(レクチャー)
・実践的なアドバイスが豊富な実技演習(エクササイズ)

という、実践に即したプログラム編成が可能です。

研修の中でコーチングを実体験できる

実技演習ではもちろん、講義の中でも、常に受講者とコーチング的な関わりを行い、受講者から力を引き出します。
講師の言動・姿勢そのものから、コミュニケーション・スキルとしてのコーチングを学び取ることができます。

アンガーマネジメント研修

概要

アンガーマネジメントとは、「怒り」と上手につきあうための心理トレーニングです。
患者様、利用者様、そのご家族も、いろいろな不安や心配を抱え、怒りを感じやすくなっています。
そのケアや対応にあたる医療職・介護職も、時間に追われ、業務に追われ、精神的負担やプレッシャーを相当抱えていることが少なくありません。
理不尽な要求をされても、自らの感情を押し殺し、的確な対応を求められるなど、いわゆる「感情労働」と呼ばれる現場では、上手に怒りやイライラの感情をコントロールできることが求められます。
ミスをなくし、イキイキと働ける職場を実現するためにも、アンガーマネジメントのテクニックを是非お役立て下さい。

アンガーマネジメントについての詳しいご案内は、こちらのWebサイトもご覧ください。
>>井上泰世のアンガーマネジメント in関西

 


コース例

1日(7時間)アンガーマネジメント研修
アンガーマネジメントの基本に加えて、具体的なテクニック、さらにはそれらを習慣化するための方法についても、ワークを盛り込みながらお伝えします。ご要望に応じて、コーチングやアサーティブネスと組み合わせたプログラムも提供いたします。また、自分の怒りの傾向がわかる「アンガーマネジメント診断」を事前に受けて頂くことで、より効果的な研修とすることが可能です。

半日(4時間)アンガーマネジメント研修

自らの「怒り」の感情にどう対処していけばよいのか。自分に合ったアンガーマネジメントのテクニックを具体的に学び、職場や日常生活において即、実践していくためのノウハウを理解します。グループワークを通して、自分の考え方のクセに気づき、チームワークの向上に繋げていきます。

入門コース(1〜2時間)アンガーマネジメント研修

アンガーマネジメントの基本をコンパクトにまとめ、ぜひ実践してほしい大事なテクニックを学びます。まずは、自分の「怒り」やイライラの感情と向き合うことから始め、アンガーマネジメントの必要性に気づいて頂くためのプログラムです。


プログラム例

研修のねらいを共有
効果的な研修とするためのセットアップを行います。
      ↓
アンガーマネジメントの基本的な考え方【講義】
      ↓
自分の「怒り」に気づく【講義+演習】
自分自身の普段の行動を振り返ります。
      ↓
アンガーマネジメントのテクニックの習得【講義+演習】
具体的なテクニックについて、演習を通して身につけます。
      ↓
研修での学びを振り返る
現場や日常生活でどう活かしていくのか整理して、実践につなげます。


組み合わせ

アンガーマネジメントは、「コーチング」や「アサーティブネス」、「メンタルヘルス」、「パワーハラスメント防止」など、他のプログラムと組み合わせることで、より現場のニーズに合った研修内容とすることが可能です。ぜひ、遠慮なく、ご要望をお聞かせください。
管理職向けには、「パワハラ防止を中心に、アンガーマネジメントを織り交ぜる」
一般職向けには、「メンタルヘルス対策の一環として、アンガーマネジメントを組み合わせる」なども、オススメです。
また、「アンガーマネジメント診断」を事前に受講者の皆様に受けて頂くことで、自らの怒りの傾向を知り、自分事として捉え、より関心高く研修に参加して頂くことが可能となります。

アンガーマネジメントについての詳しいご案内は、こちらのWebサイトもご覧ください。
>>井上泰世のアンガーマネジメント in関西


コーチング研修

概要

コーチングとは、相手のヤル気を引き出し、自ら考え行動を起こすよう促すコミュニケーション・スキルです。
看護の現場で、患者様や家族のQOLを高める目的のみならず、医療・福祉従事者が互いに力を引き出し合い組織を活性化するために、そして部下や後輩に対して自ら考え、自ら行動できるよう育成するためにコーチングの導入が広がりつつあります。
人間関係のストレスにさらされやすい看護師にとって、周囲と信頼関係で結ばれたコミュニケーションは欠かせません。互いを認め合い、より良い看護をともに目指すチームづくりのためのコーチング研修を提供します。


コース例

1日半〜2日間コーチング研修
集中して取り組む時間を繰り返し持つことが、実践力をつける早道です。
基礎編に加えて、応用編をプログラムに盛り込み、より幅広いコーチング・スキルを身につけていただきます。
ご予定の時間に合わせて、適宜プログラムをアレンジいたします。

1日(7時間)コーチング研修 おすすめ
実践的な力をつけるためには、1日研修(7時間コース:休憩時間を含む)をおすすめします。
さらに、この1日研修を1〜3カ月おきに複数回、実施されるとより効果的です。
集合研修で学んだことを現場で実行し、それをまた研修の場で振り返ることで、課題が明確になり、さらなるスキルアップを図ることができます。

半日(2〜3時間)コーチング研修
長時間の研修が難しい場合は、実技演習も取り入れながら、コーチングの最も大事な部分をエッセンスでお伝えいたします。
1〜2週間おきに複数回の半日研修が実現できれば、大変効果的です。


プログラム例

研修における目標設定
研修に対するモチベーションを高めます。
      ↓
コーチングの基本構造・考え方【講義】
例を挙げながら分かりやすく説明します。
      ↓
基本スキルを実践しながら習得【講義+演習】
一つ一つのスキルに講義と演習を繰り返します。
「聴く/認める/質問する/伝える」スキル
      ↓
学んだスキルを使ってコーチング・エクササイズ【演習】
演習を繰り返し、体で覚えます。
講師からの具体的なフィードバック
      ↓
研修での学びを振り返る
現場で活かし方を考え、実践につなげます。


組み合わせ

集合研修の形で行うコーチング研修と、個人を対象としたパーソナル・コーチングとを組み合わせることによって、さらに大きな効果を得ることができます。


組み合わせ図
対象者を何名にするのか、どなたにパーソナル・コーチングを受けていただくのかなど、きめ細かくご相談させていただきます。

アサーティブネス研修

概要

アサーティブネスとは、自分のことも相手のことも大切にしながら、自分の気持ちや意見を伝えるコミュニケーション・スキルです。
相手を尊重しすぎるあまり、ついつい自分の意見を言うことを遠慮してしまったり、反対に自分が思うまま一方的に話を進めてしまったりすると、チームとしての協力体制がうまく築けなくなります。
率直に意見を言い合い、お互いに耳を傾け合える場をつくるために、アサーティブネスのスキルを知っておくことは大変有効です。


コース例

1日半〜2日間アサーティブネス研修
集中してワークに取り組む時間を繰り返し持つことが、実践力をつける早道です。
基礎編に加えて、応用編をプログラムに盛り込み、より幅広いコミュニケーション・スキルを身につけていただきます。
ご予定の時間に合わせて、適宜プログラムをアレンジいたします。

1日(7時間)アサーティブネス研修 おすすめ
実践的な力をつけるためには、1日研修(7時間コース:休憩時間を含む)をおすすめします。
さらに、この1日研修を1〜3カ月おきに複数回、実施されるとより効果的です。

半日(2〜3時間)アサーティブネス研修
長時間の研修が難しい場合は、実技演習ワークも取り入れながら、アサーティブネスの最も大事な部分をエッセンスでお伝えいたします。
1〜2週間おきに複数回の半日研修が実現できれば、大変効果的です。


プログラム例

研修のねらいを共有
効果的な研修とするためのセットアップを行います。
      ↓
アサーティブネスの基本的な考え方【講義】
アサーティブネスの本質をお伝えします。
      ↓
自己主張するときの3つのタイプ
自分の行動パターンを知る【講義+演習】
自分の普段の行動を振り返ります。
      ↓
アサーティブに伝えるためのエクササイズ【演習】
演習を繰り返し、体で覚えます。
講師からの具体的なフィードバック&アドバイス
      ↓
研修での学びを振り返る
現場でどう活かしていくのか、しっかり実践につなげます。


組み合わせ

集合研修の形で行うアサーティブネス研修と、個人を対象としたパーソナル・コーチングとを組み合わせることによって、さらに大きな効果を得ることができます。
パーソナル・コーチングでは、その方が抱えているコミュニケーション上の問題点や課題を明らかにし、どのように相手と関わっていけばよいのか具体的な行動をシミュレーションしたり、練習を重ねたりすることで、自信をつけていただきます。個別対応になりますので、より深い部分まで扱うことが可能です。


組み合わせ図
対象者を何名にするのか、どなたにパーソナル・コーチングを受けていただくのかなど、きめ細かくご相談させていただきます。

リーダーシップ研修

概要

看護の現場では、さまざまな場面で一人ひとりがリーダーシップを発揮することが求められます。
自らの立場で、どんな役割を果たすことが求められているのか、何に対して責任を持つのか、リーダーとしてどのように対応すればよいのか。
現場に即したリーダーシップとは何なのかを明らかにしながら、実際にはどのようにリーダーシップを発揮すればよいのかを研修の中で学んでいきます。
自分の職場に帰って、すぐに実践できるリーダーシップを身につけることを目指します。


コース例

1日半〜2日間リーダーシップ研修
集中してワークに取り組む時間を繰り返し持つことが実践力をつける早道です。
より具体的なケーススタディをプログラムに盛り込み、あらゆる場面におけるリーダーシップ・スキルを身につけていただきます。また、リーダーシップに欠かせないコーチング・スキルについても、より丁寧に解説・演習を行います。
ご予定の時間に合わせて、適宜プログラムをアレンジいたします。

1日(7時間)リーダーシップ研修 おすすめ
実践的な力をつけるためには、1日研修(7時間コース:休憩時間を含む)をおすすめします。
さらに、この1日研修を1〜3カ月おきに複数回、実施されるとより効果的です。
集合研修で学んだことを現場で実行し、それをまた研修の場で振り返ることで、課題が明確になり、さらなるスキルアップを図ることができます。

半日(2〜3時間)リーダーシップ研修
長時間の研修が難しい場合は、実技演習ワークも取り入れながら、リーダーシップの最も大事な部分をエッセンスでお伝えいたします。
1〜2週間おきに複数回の半日研修が実現できれば、大変効果的です。


プログラム例

研修のねらいを共有
効果的な研修とするためのセットアップを行います。
      ↓
リーダーシップとは【講義】
リーダーシップについての考え方をお伝えします。
      ↓
コーチングの基本 
コーチング・スキルを使ってのエクササイズ【講義+演習】
リーダーシップを発揮するのに有効なコーチング・スキルを学びます。
      ↓
現場でリーダーシップを発揮するために【演習】
具体的な実践方法を、ワークを通して身につけます。
講師からの具体的なフィードバック&アドバイス
      ↓
研修での学びを振り返る
目指すリーダーシップ像を明確にします。


組み合わせ

集合研修の形で行うリーダーシップ研修と、個人を対象としたパーソナル・コーチングとを組み合わせることによって、さらに大きな効果を得ることができます。
パーソナル・コーチングでは、その方が抱えている課題を明確にし、どのようにリーダーシップを発揮していくのか、具体的に引き出し、行動を起こす後押しを行います。
リーダーとしての立場がある方におすすめのプログラムです。


組み合わせ図
対象者を何名にするのか、どなたにパーソナル・コーチングを受けていただくのかなど、きめ細かくご相談させていただきます。

ワーク・ライフ・バランス研修(キャリア開発の一環として)

概要

無理なく看護師として働き続けるためには、仕事と私生活を両立させる仕組みづくりが欠かせません。
組織としての支援を考えるためにも、まずは一人ひとりがどんなふうにワーク・ライフ・バランスを実現させたいのか、自分自身がどのようにキャリアを築いていきたいのかを見つめ直すことから始めていきましょう。


コース例

半日(2時間)ワーク・ライフ・バランス研修
より高いモチベーションを持ってより長く働き続けるために、今の働き方を見直し、未来に向けたキャリアデザインを考える研修です。
現状で抱えている問題や改善したい点について率直に話し合い、どうすればお互いに満足度の高い働き方ができるのか、充実した生活と働き甲斐のある仕事を両立させるためには何が必要なのかをじっくり時間をかけて話し合います。一人ひとりのコミットメントを高めることによって、組織力の強化を図り、最終的には看護サービスの向上につなげていきます。


プログラム例

研修のねらいを共有
効果的な研修とするためのセットアップを行います。
      ↓
ワーク・ライフ・バランスの意義と重要性【講義】
ワーク・ライフ・バランスの考え方を理解します。
      ↓
現状の振り返り、将来のキャリア展望【講義+演習】
じっくり時間をかけ、ワークとライフを見直します。
      ↓
ワーク・ライフ・バランス構築【演習】
まずは何から手を付けるのか、具体化させます。
講師からの具体的なフィードバック&アドバイス
      ↓
研修での学びを振り返る
自分らしいワーク・ライフ・バランスを再確認します。


パーソナル・コーチング研修(個人対象)

概要

お一人のナースを対象として、コーチと1対1で、その方の目標達成に向けたパーソナル・コーチングを行います。
担当するのは、数多くのトレーニングを受け、コーチング、カウンセリングとも経験豊富なコーチですので、安心してお任せください。
》コーチ・プロフィール


コース例

・対面あるいは電話によるコーチング。
・1回あたり30分〜1時間のセッション。
・セッションの頻度、回数、テーマは自由に設定できます。
・集合研修と組み合わせていただくと、さらに効果的です。
 →コーチング研修+パーソナル・コーチング
 →アサーティブネス研修+パーソナル・コーチング
 →リーダーシップ研修+パーソナル・コーチング


流れ

パーソナル・コーチングの流れ
1. パーソナル・コーチングを受けていただく方を決定します。
2. セッションの頻度、期間、回数、手段(対面・電話)などを相談の上、決定します。
3. 「プロフィール・シート」にご記入をお願いします。
4. オリエンテーションを兼ねた初回セッションにて、コーチングのテーマや進め方について話し合います。
5. 二回目以降、お約束した日時にコーチング・セッションを行います。
6. 最終回のセッションでは、これまでを振り返り、今後への活かし方について話し合います。


テーマ例

パーソナル・コーチングでは、たとえばこんなテーマを扱います
・チームをまとめるためのコミュニケーション力を身につけたい。
・後輩を育てるためにコーチング・スキルを効果的に使いたい。
・仕事の能率を上げたい。
・個人的な悩みを解消して、仕事に専念できるようにしたい。
・バーンアウトしてしまう前に、現状を整理したい。
・看護研究を効率よく進めるためのサポートがほしい。


パーソナル・コーチングの詳細につきましては、『コーチングで自己実現!』もご参照ください。
》コーチングで自己実現!(※個人向けコーチングサイトへ移動します)

料金のご案内

日本全国どちらへでも参ります。交通不便な場所でもかまいませんので、お気軽にお問合せください。

料金の目安

半日研修:−円
1日研修:−円
連続2日研修:−円
※時間数、内容構成などにより、お見積もりさせていただきます。
※1ヶ月間隔の連続研修など
※交通費・宿泊費につきましては、別途申し受けます。
※ご予算についてはご相談に応じますので遠慮なくお問合せください。

パーソナル・コーチング料金
通常、お一人さま1回の電話セッションは10,000円(税別)相当ですが、集合研修との組み合わせにより、最適なプランをご提案させていただきます。


PAGE TOP