コーチング・セッションの進め方

約30分間のコーチング・セッションの内容とは?!

通常のコーチング・セッションは、どのように進められるのか?
その流れについてご紹介します♪

1.前回の振り返り

前回のセッションにて設定した目標について、計画した通りに行動できたかどうか、どんなことが手に入ったのか、あるいは計画通りに進まなかったのであれば、その要因は何だったのか、そこから教訓にできることは何か、等々、具体的な行動についてコーチとともに振り返ります。
目標達成のためには、定めた行動計画の振り返りが、とても重要です!!

2.今日のゴール設定

今日のコーチング・セッションで、何について話したいのか、どんなことを手に入れたいのか、始めに「今日のセッションにおけるゴール」を明確にします。

コーチングでは、早い段階で明確にゴール設定を行うことが欠かせません。
毎回のセッションにおいても、必ず、そのセッションにおけるゴールを、コーチとクライアントで話し合い、共有します。(コーチングにおける合意)

3.テーマについて話す

話したいテーマについて、自由に発想を広げてお話しください。
コーチは、さまざまな角度から質問をしたり、フィードバックを伝えたり、時にはリクエストを伝えたりします。
どうぞ、その場で感じたこと、思いついたこと、ひらめいたことを、遠慮なく言葉にしてみてください。
どんどん話していく中で、自然とご自身の内側から答えが引き出されていきます。

4.行動計画を立てる

テーマに関して話す中で、コーチとともに、「新たな目標」を設定し、具体的な行動をどのように起こしていくか、計画を立てます。
高い山に登るのと同じように、目標が高ければ高いほど、どんなルートで、どんな装備を準備して、どれだけの時間をかけて目標地点を目指していくのか、より入念に計画を練っておく必要があります。
懸念されることや不安材料も洗い出すことで、より自信を持って、目標に向かうことが可能となります。

5.振り返りと締めくくり

セッションの始めに設定した「今日のゴール」が手に入ったかどうか確認し、今日のコーチングについて、コーチとクライアントで振り返りを行います。
コーチングをより意味のあるものとするために、感じたことを率直にお話しください。
また、次回のセッションについて、日時などのお約束をします。


以上が、1回のコーチング・セッションにおける大まかな流れです。
コーチとクライアントがパートナーシップを築きながら、クライアントの目標達成に向けて、協力していくのがコーチングの醍醐味です。
守秘義務が大前提ですので、どうぞ安心して、自由にご自身の想いをお話しください。
話しているうちに、自然と、ご自身の中からヤル気が湧いてきますよ!

関連記事

  1. アンガーマネジメントをテーマとしたコーチング

  2. 個人向けコーチングの事例紹介

  3. 「お試しコーチング」のご感想

  4. クライアントのお父様よりのお手紙

  5. 個人向けコーチング体験談

  6. コーチングとは

PAGE TOP